nmaiLog

ほどほどな日常の記録

子供の物欲×ベランダー=ゴールドクレスト

最近、次男(5歳)の物欲がすさまじく何かにつけ、「これ買って良い?」「ガチャガチャして良い?」「おもちゃ買って」「(ちょっと出かけた先で)何か買っても良い?」といった感じで、何か買ってもらうことで満たしたいという状態です。

 

荒れ放題(本人は荒れてるつもりはないんだろうけど)の4歳が終わり、幼稚園が再開し、ようやく落ち着いてきたと思ってたけど、買って買ってがすさまじく、そのうち押しつくとわかっていても、、、余裕がないときは。。。

 

そんな次男とホームセンターへ。隔週土曜日の午前中は長男の療育があり、その教室の間の空き時間に。

物欲系男子は、駐車場に着く前から、「カインズには、おもちゃあるかなー、洋服あるかなー。・・・・ねー、何でもいいから買ってもいい?」と。なんでも良いんかい!と思いつつも、表現が問いかけなだけましか。
で、彼が見つけたのがこれ(↓)。コニファー・ウィルマ*1って書いてあったけど、ゴールドクレストの一種なのかな。「クリスマスツリー」っぽいってので、気に行ったようです。自分もゴールドクレストを育ててみたいと思っていたので、お、これならいいじゃないと、父子の意思が珍しく一致したため購入しました。

f:id:nmai:20211120125802j:plain

次男はいまだ時間の概念が怪しいので、カレンダーに水やり日を書いてして、曜日と日時の感覚を感じてもらえればなーという思惑も。

 

毎週搾取されてかわいそうなので、ローズマリーも併せて購入。

f:id:nmai:20211120125854j:plain

 

 

f:id:nmai:20211120153013j:plain

 

カインズは、小さくかわいい目な観葉植物がお手頃価格で売っているのがイイですね。

 

 

 

*1:後で調べたら、コニファーって針葉樹という意味。そらそうだ。

聞いたの:Kenny Dope / Get On Down

秋の夜長に~、いいですなー。

 

www.youtube.com

 

たまたま見つけた(というかYoutubeが勧めてきた)Massive Attackのmixで知りました。

www.youtube.com

 

Youtubeのおすすめは概ねあってくるんだけど、予想外のがなくなってくる感もあるのでアカウント切り替えながら使うと若干方向性が変わるからいいような。検索もgoogleにログインしてない状態で検索すると新たな発見があったりなかったり。

 

昔、乗ってたバイク⑤社会人8~11年目:Triumph Thunderbird Sport サンダーバードスポーツ

Daytona 675(↓)に続いての5台目。

 

nmai.hatenablog.jp

その頃の状況

購入したのは、結婚2年目。子供が生まれる二か月前ぐらい。仕事も社内開発系のプロジェクトでゆとりある時期だったはず。その後、子供が生まれてからは育休を半年取得。おむつを日々洗い(布おむつといういばらの道を選んでました。。)、家事しながら人生の身の振り方を考える日々を終え、復帰後はいくつかプロジェクトをこなす。最後は東北の方のプロジェクトを終えて、入社10年目を迎える直前の年度末で無事退職。子供2歳の状況で学生となり、建築を学ぶ。学生の間に二人目が生まれ、卒業後は、今住んでるところへ引っ越して就職。

とまあ、いろいろありすぎてバイク乗ってる場合じゃないし、乗り換えてる場合じゃないし、、、なんだけどわざわざ乗り換えたのは、好き勝手してきた独身時代からのお別れ(?)の最後のあがきだったのではないかと思います。

Triumph Thunderbird Sport (2003)

そんな人生の転換期をともに過ごしたのがこのバイク。

f:id:nmai:20130421135144j:plain

トライアンフサンダーバードというと、この後出る巨大なクルーザーのイメージが強いと思いますが、これはその数年前にこそっと出てあっという間にいなくなった不人気車。よく言えば希少車(笑)排気量は900ccとDaytonaより大きいけど、出力は83psとまったり仕様。3気筒でキャブレターでそこそこ大排気量でネイキッドという何とも言えない特徴で、味わい系(?)のエンジンかと思えるけど、意外と回せばきれいに回る楽しいバイクだったと思います。

納車後は即、山陰方面へツーリング。今思えば、これが最後のロングツーリングだったかも。。

f:id:nmai:20130503135213j:plain

こんな感じで、山道をまったり流して時々頑張ってでツーリングするのが楽しかったなー。

f:id:nmai:20150912120539j:plain

改めて考えてみるとVRXと雰囲気が近いバイクだったような気がします。キャラクター的にも、見た目にも。

f:id:nmai:20161007150548j:plain

さよならの季節

予定通り、2年の学生生活を終えて、引っ越すタイミングでサンダーバードとはお別れ。この後しばらくバイクのない生活を送ることになり、ゴリラから始まったバイクがある生活は一旦途切れることになります。

新たな土地で新たな業種の仕事を始めたので、ローカルルールなのかこの職種特有なのかわからないけど、とにかく慣れないことだらけ!とにかくしばらくは仕事に集中。そんな状況だったけど幸いなことに、就職後すぐに2級建築士を取ることができたので、多少なりとも、やっていけるかもと思えました。

そして再び

そんなこんなで仕事と生活に慣れてきたころ、またバイクに乗りたいと思い始めるわけです。ただ、今度は日常の足として使えるようなバイクがターゲット。我が家の主(おくさま)と交渉を開始します。粘り強く(しつこく?)交渉を続けた結果、禁煙と引き換えに、再びバイクのある生活に戻ることになります。

 

 

 

つづく。

 

 

ナムワバナナ??

お弁当の時にも書いた(↓)こともそうなのですが、日々のやることは決まっていると楽です。

 

nmai.hatenablog.jp

朝はバナナ

朝食も同じ理由で決めています。これも大したことないのですが、バナナ+ヨーグルト+ハチミツ+きな粉。これを定番として続けています。最初はお腹すくこともあったのだけど、現場に行かない最近はひたすらオフィスで座っているので、多少腹が減るぐらいが体の調子は良い気がします。

 

好みなのは島バナナ島バナナはある時期に大量に採れるもんでとても消費は追いつかないため、熟した段階で皮をむいて冷凍。使うときは軽くレンジで解凍すれば、ヨーグルトに混ぜて使う分には大丈夫。

 

ナムワバナナ

先日、近くのファーマーズマーケット行ってみたら、「ナムワバナナ」って初めて聞くバナナが売ってたので買ってみました。ポップには「甘くてむっちり」だったかそんなようなことが書かれてました。

↓は買ってから、一週間ぐらいったて熟した状態。すでに3本ぐらい取っていますが(笑

f:id:nmai:20211113090648j:plain

 

断面はこんな感じ

f:id:nmai:20211113091006j:plain

いわゆる普通の島バナナと比べると種の周囲が黄色っぽく、皮がかなり薄い目。
味はポップの通り、むっちりしてて、とても甘い!思った以上の甘さに驚きました。

 

子供らにも好評。見つけたらまた買お~。

f:id:nmai:20211113091514j:plain

 

 

昔、乗ってたバイク④社会人4~8年目:Triumph Daytona 675

Street Triple(↓)に続いての4台目の話。

 

nmai.hatenablog.jp

 

その頃の状況

Street Tripleと悲しいお別れをした頃、本業の方は4年目を迎えぼちぼちと働けるようになってきたと思う(思っていた?)。3年目は関東近郊のプロジェクトで、就職を機に関西に移ったのに、出張なのに実家から客先へ通うといった変な感じの期間だった。その後、4年目以降は九州方面の仕事だったりと、とにかく月~金で出張先にいるような働き方だった。それがしんどいかというと、いったこともない場所で生活すると知らな事が見えてきたりして面白かった。独り身だったのも大きいと思う。

仕事には慣れてきたけど、そもそもシステムにかかわる仕事を続けたいのか?という根本的すぎる課題に改めて気づき始めた時期でもあったと思う。

Triumph Daytona675 (2008?)

なぜDaytonaか

自分が行ってたバイクやはDaytona乗っている人が多く、「Daytonaいいよ~」と言われ続けたってのと、一回ぐらいカウルついてるのに乗ってみたいというのが理由だったんじゃないかと思う。あと、実際に乗った時の印象が良かったことか。

StreetTripleと基本的には同じエンジンだったと思うのだけど、その感じは全然違った。あくまで主観だけど、StreetTripleは低回転のトルクが強すぎて、たまにギクシャクしてしまう感じ。Daytonaは下から上までスムーズに力強く回る感じ。2気筒のモリモリっとわいてくるトルクと、4気筒のスムーズに力強く回る中間の旨いところどり感じか。好みの問題だとも思うけど。

 

f:id:nmai:20100605135349j:plain

 

余裕も出てきたからか、リアサスをMatrisへ変えて、プリロード、減衰などいじって変化を実感したり。タイヤ交換の時には違うのはいてみたりと、いろいろ試して違いを感じようとしてた気がする。実際、サスペンションはちゃんと理解して調整すると安心して乗れるようになった。

 

たまたま、在庫であったからという理由で選んだこの色だったけど、意外と好きになった。センターマフラーは今でもカッコいいと思う。

f:id:nmai:20130420094905j:plain

 

見た目のわりにまったりツーリングも許してくれる懐広めなバイクだったので、遠くにもよく行ったけど、やっぱりポジションがしんどい。

f:id:nmai:20101105094325j:plain

 

なんで、基本は身軽に100Kmぐらい走るってのが多かったように思う。特に宇治川ラインは程よい距離感でよく行った。

f:id:nmai:20111224140048j:plain

 

生活の変化と、出会い

そんな感じでようやくバイクとの付き合いに落ち着きが出て、数年が過ぎ一番長い付き合いになったDaytona。気づけば30歳を迎え、自分の環境も、引っ越し~結婚と変化していた。

 

・・とまあそんな時に出会ってしまうわけですよ。奥さんが妊娠し、あと2,3か月で出産という時期に。ずっと気になっていたバイクに。。。

 

 

つづく。




 

 

 

週末の仕事は鶏ハムを作ること。

毎日、いろいろ決めたりするのは面倒じゃないですか?

昔はそんなことなかったのですが、40が近づくにつれ、決断するのがだんだんと億劫なってきています。特別なことを決めることは、もちろん楽しいのですが、日々の大したことないことは、何というか放棄したい(笑

なので、弁当も毎日決まったものを持っていくというのと最近続けています。ポイントは自分で作りやすくて、それなりに好みの味で、量が多くなくても満足できるもの!

って書くとすごそうですが、全然大したことなくて以下の三点が基本セット。

  • ごはん
  • 鶏ハム(後述)
  • キャベツの千切り+ショウガの酢漬け+ドレッシング

上をベースに、追加でその時あるもの(前夜の夕飯のあまり、割引になってたスーバー総菜など)を加える感じ。

 

週末は鶏ハム!

なので、週末は鶏ハムを作るのが習慣づいています。面倒な時は塩いれて鶏胸をゆでるだの手抜き版とするのですが、できたら「ソミュール液」なんかに一晩漬けこんでやるとおいしい。ソミュール液って何なのかはいまだにわかってません。レシピは以下の本を参考に。

www.amazon.co.jp

一晩漬けて、沸騰後放置して調理するタイプなので時間はとってもかかるけど、慣れればそんなに手間ではないと思えるようになりました。金曜の夜、帰宅後に調理を始めると鳥皮を酒のアテに利用できたりも。

f:id:nmai:20211107080715j:plain

ベランダ農園から

このレシピではローズマリーを使うのですが、わざわざローズマリーを買うのが毎回面倒と思っていました。そんな中、時期を同じくしてたまたまベランダー活動に目覚めていたので、そうだローズマリーを植えればいいのだ!と思い、こんな感じになっています。

f:id:nmai:20211107083530j:plain

せっかくだからと寄せ植えした、セージやらミントやらがイケイケに育っているので若干かわいそうではあるけれど、一応元気に育ってくれています。ただ、まだまだ、小さいので、毎週のように頂くのはちょっと控えようかとも。

 

鶏ハムを作った際のゆで汁は、なかなか良い味になっているので、同じくベランダ農園から小葱をいただいて、卵スープなんかを作ると非常に楽しくなります。

f:id:nmai:20211107084642j:plain

ベランダでできることは制限もあるし、あまり頑張りたいわけでもないので、こういった、ちょっとしたモノが採れると、お腹も気分も満足度高めでいい循環だと思います。

 

鶏ハムに飽きたら次は何にしようかなー。

 

 

祝開館!那覇文化芸術劇場「なはーと」の一般公開に行ってきた

21/10/31に開館した新しい那覇文化芸術劇場「なはーと」の一般公開が11/3に行われたので、見に行ってきました。即座に走り出す子供を連れての見学だったため、あんまりゆっくり写真を撮ることもできませんでしたが。。

f:id:nmai:20211103141734j:plain

 

外部は首里織をイメージしたという花ブロックもイメージさせるようなルーバーで覆われています。

f:id:nmai:20211103141727j:plain

裏から見るとこんな感じ。

f:id:nmai:20211022104257j:plain

いくつかある入り口から内部へ入ると「うなー」となづけられた共用ロビーへ。
うちの子供らはこの壁面がゴジラに見えたみたいで喜んでいました。

f:id:nmai:20211103145324j:plain

 

そして、大劇場。沖縄の海の中をイメージしたという空間は圧巻。変わった席があったり、裏からつながってる狭めの階段があったりして、本来の目的ではないのだけど、そういうのは個人的に好きです。天井のドット柄は水中から見た水面ということですが、若干ドットが大きいような気がしました。

 

f:id:nmai:20211103143044j:plain

f:id:nmai:20211103143052j:plain

f:id:nmai:20211103144240j:plain

 

小劇場も花ブロックの使い方(黒塗装で裏から照明)や、木の格子戸のような間仕切り壁など、独特な雰囲気でとっても良かったのですが、子供を追いかけながらのブレブレ写真しか残ってませんでした。残念。

 

こういった良い空間の建物がご近所にできた事は素直に嬉しいと思います。大劇場で何かの公演を見る日を楽しみにしたいと思います。

 

建築概要

最後に建築概要を。

建物用途              劇場

工事種別              新築

階数                     地上6階、地下2階

敷地面積              9,219.74㎡

建築面積              6,003.74㎡

延床面積              14,582.13㎡

最高高さ              31.11m

構造                     SRC造、RC造、S造

駐車場                  67台(車椅子用含む)

着工                     平成30年(2018年)10月

完成                     2021年 3月

開館                     2021年度予定(追記:2021/10/31)

設計                     香山・久米・根路銘設計共同体

文化振興課|那覇市公式ホームページより